2015年10月18日

【キャバクラでホテルに行こう〜・・・ダメはダメ】

コミュニケーションの極意になります。


ダメを、ダメと言ったら、

全てが終わります。

以前、キャバクラで


お客さんを操るためには、

どうしたらいいのか。

そんな話を聞いた事があります。


お客さんから、ホテルに行こう〜 

って体を求められた時の断り方でした。


ダメには、いくつものパターンがあって、

ダメを、ダメと言ったら、そこで全てが終わります。

では、どのように断ればいいのか


キャバクラで、お客さんが体を求めてきたら、

ダメ!! って断ってはいけません。


今日はダメ

今はダメ

○○ だからダメ

○○ したらいいよ!

とか、ダメな理由と、

ダメじゃない可能性を残さないといけません。

この可能性って凄く重要です。


中には、ダメ!っていきなり断ることで、

人格を否定されたと思う人もいます。


そうなってしまったら、

そのお客さんは、二度とお店には来ないでしょう。

そこで、あなたとの関係は終わります。


これは、サポートでもそうです。

もし、お客様から

「 こんな事をしたいのですが、

 ○○の機能でできますか? 」

と電話などを頂いた場合。


システム的にできない事でも、


「 大変申し訳ございませんが、

このシステムではその機能がついておりません。

そのため、今回のご要望ですが対応するのが難しいです。」

は、ダメなサポートです。


一見、綺麗な文章ですが、下記のようにすると、

「 大変申し訳ございませんが、

このシステムには、その機能がついておりません。

そのため、今回のご要望に対応するのが難しいのですが、

弊社では、つねに新規機能を追加しており、開発案件として

私の方から開発チームに要望書を提出しておきます。 」


と一言つけることで、印象が変わります。


なので、ダメとか、無理とかは、

何か逃げ道を準備しておくのもいいです。


誰かに、何かを質問されたり、

お願いされた時には、

いきなりダメって言うのはやめましょう。

4.png
posted by フリー at 23:28| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月16日

【多くの人は身軽に動きません】

世の中には、

フットワークが軽い人と、

フットワークが重い人と、

フットワークがそこそこな人がいます。

 
フットワークが軽い人は

「明日から北海道に行こう!」と言われたら

「いいよ!」とすぐ言えて、

フットワークが重い人は

「来月、北海道に行こう!」と言われても

「ちょっと考えさせて」と返事して、結局行きません。

 
 
なぜ、

このようにフットワークの軽さに差が出来るのかと言うと、

それは産まれつきの性格ではなく、

人生経験の差によるところが多いと考えられます。

 
例えば、

すでに飛行機に乗ったことがある人は、

まだ飛行機に乗ったことがない人より、

気軽に飛行機に乗れるので、

フットワークが軽くなるのです。

 
また、すでに、

いろんな人としゃべったことがある人は、

家族と友達としかしゃべったことがない人より、

気軽に人と話せるので、

フットワークが軽くなるのです。
 

というわけで、

あなたがまだフットワークが重い場合には、

まず思い切って遠くに行ってみて、

フットワークを軽くすることをお勧めします。

 
思い切って1人で1ヶ月くらい南米にでも行ってくれば、

友達と北海道旅行に行くくらい

気軽に出来るようになりますね。

 
フットワークが重いままだと、

たのしむチャンスや、

ビジネスチャンスや、恋愛チャンスを

たくさん逃してしまいますので、

フットワークが軽くなる練習を

事前にしておくといいと思います。

4.png
posted by フリー at 19:59| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。